ここまでこだわります

0
    この地域では見かけない屋根施工を行っています

    屋根の野地板に更に胴縁を打ち付けています

    これは一体何をしているんでしょうか?




    完成すればこんな感じになります

    2重屋根による屋根通気工法です




    屋根に入ってくる熱気を その性質を利用し棟側に自然排出

    そして断熱材性能をその性能分を存分に堪能できる工法となります

    もちろん大きな吹き抜けやロフトを造っても 熱ごもりなく

    居室として快適に過ごせること間違いなしです!!





    屋根下地に更に屋根下地が乗っかって その隙間から通気を促します

    ちなみに断熱は 桁上断熱で200mmのウレタン発泡断熱を採用しました

    後はきっちりとベバーバリアし 壁体内結露対策や逆転結露にも対策を講じます

    気密処理に関しては土台伏せや上棟時に先張りシート工法で対応

    その後 気密処理を各部位別に行います


    凄まじい性能を秘めた高性能住宅です

    真夏に完成予定ですので その効果が楽しみでなりません
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    ポチっと応援宜しくね!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 川之江町S様邸 壁断熱材施工 気密施工
      Y

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM