土台まわり、胴差周りの気密施工

0
    気密施工において 初歩的なことですが

    土台まわりや胴差周りにおいてはこのように

    先張り先行シートで気密ラインを確保します




    気密測定を行うと見えてくる様々な隙間

    最近はプレカットによる構造体の加工が当たり前ですが

    さすがに機械加工だけあり 打ち合わせさえしっかりしていれば

    精度は申し分なく施工性に関しても文句はないのですが

    柱周りと構造用合板には余分な隙間も多く

    気密施工時にとても手間のかかる作業が増えます



    これは1棟1棟の気密測定による経験がなくては解らないことですが

    どれだけ断熱材が良く熱伝導率が低くても 気密をおろそかにしては

    その性能は十分に発揮されず 結果無駄なコストを掛けています

    いいものを使っても結局 その性能の家にはなっていませんので

    非常に無駄な出費をしているということになるのです

    それなら安くて熱伝導率がそこそこ低い断熱材を使い

    きっちり気密施工して 計画換気における断熱欠損を防ぐ方が

    よほど快適な住まいになるということなのです

    穴だらけの袋の口を絞り 一気に吸い込めば・・・

    結果色々なところから空気が入ってきます

    すると・・・袋には予想を超える余分な空気が入ってきます

    住宅レベルで考えるとどうでしょう?

    換気により室内に新鮮な空気と汚染空気の交換を

    計画通りに行う目的で計画換気がなされています

    換気は暖冷房のエネルギー消費の観点からも重要ですが

    ここは難しい話なので この事実だけ捉えてください

    室内はエアコンなどで季節毎の快適な温度に設定されています

    が・・・

    隙間の多い家で換気していると 余分な熱や冷気を室内に招きます

    そしてせっかく造りだした暖かさや涼しさも換気扇から逃げています

    その為にも計画換気の重要性は大きく 快適性を損なわない換気量

    それが計画通り行われるには 気密が重要なのです



    特に大空間で吹き抜けや2階へ開放する空間があればなおさら

    その効果は覿面に現れます

    特に断熱性にこだわりを持っているというのなら

    この辺をしっかり確認し施工することをお勧めします



    次回は断熱施工について現在建築中の住まいをレポートいたします!

















     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    ポチっと応援宜しくね!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 川之江町S様邸 壁断熱材施工 気密施工
      Y

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM