リフォーム改修から学ぶ住宅本来の姿

0
    おはようございます。

    今日はリフォーム工事のレポートを致します。


    弊社によく依頼して下さる工事の中に「介護改修」工事があります。

    介護保険を使って介護する側とされる側の生活における利便性を高めます。

    介護を担当する組織のケアマネージャーさんとの連携は欠かせませんが

    工事に際しては、どのような介護プランを提案するかというのは

    こちらに任されたりもします。

    今回は狭くて危ない空間の代表例である浴室とトイレを

    介護に適した環境へと改修いたしました。

    以前の浴室は広いのですが床や壁がタイルで滑りやすく寒い…

    高齢者の方にはかなり生活リスクの高い空間でありました。





    浴室の通路に備えられる洗面所とトイレが行く手を阻み

    通路としての機能を果たさず、更に利便性を悪くしております




    通路手前に扉を開くと、半間の中に押し込められたトイレがあります。

    このトイレは一人が入るスペースすら満足に備えておらず

    介護される側、する側の両方がとても不便でありました




    ということで今回の介護改修のプランは、介護導線の快適性を追求。

    各入口にそれぞれあった段差もバリアフリーに直していきます。

    トイレ・通路・浴室・洗面といった

    狭い空間を更に圧迫していた間仕切り壁を取り払い

    2つの空間を造ります。

    そうすることでスペースが生まれ介護に適した環境になります。


    浴室は、システムバス「TOTOのサザナ&介護プラン」へ

    背もたれベンチやソフトカラリ床により、介護者のリスクと負担を軽減します。

    タイルに比べ滑りにくくあったかくて清潔で、かなりリスクの軽減につながります。




    家庭内事故はもはや交通事故を上回っております。

    そのリスク回避のためには浴室の改善は必要不可欠です。

    日本中の浴室がこのようになれば飛躍的に家庭内事故は減ります。

    そして人の体感温度は表面温度が同じでも素材により

    熱を奪われるスピードが違います。

    その為、温度差以上の寒さを感じてしまうのです。




    トイレと洗面スペースは一体空間としました。

    トイレ横には介助者が入っても十分なスペースを確保できています。

    入口の扉も引き戸となり、無駄な動きをカットできました。





    通路としての空間ではなく、通路も介護に適した環境へ取り込む

    そんな考えから生まれた今回の介護リフォーム。

    大切なご家族が少しでも快適になるように考え改善していく。

    両親や祖父母に受けた暖かい愛情をこのような形で恩返しする

    大切な人だからこそ、いつまでも元気で長く一緒にいたいという

    想いは優しさとなり、心身にも精神にもプラスとなりますね。


    最近の新築住宅ではこのようなことを取り払った考えで建築されている

    家が多いと思います。

    しかし少し考えれば、家に求められることが本来なんであるのかなんて

    直ぐに解ることなんですよね。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    ポチっと応援宜しくね!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 川之江町S様邸 壁断熱材施工 気密施工
      Y

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM