現場報告

0
    猛暑照りつける中、職人さんスタジオダイワスタッフ一同

    毎日現場の作業を黙々とこなしています。

    そんな中、先日から始まったとある工場のトイレ改修工事

    社長は色々な会社の方と面識があり、特に製紙関係が多い

    四国中央市では、製紙関係の工場の仕事をたまに行います。


    今回は工場内全ての和式トイレを洋式トイレへ改修します。

    洋式トイレもほぼ一般化した現代では、身体の負担を考え

    和式トイレはとても少なくなってきております。

    社長が水道工事をしていた20年前は、まだまだ和式トイレを

    設置したりすることが多かったらしいです。




    工場の作業は何と言ってもスピードが重要です。

    和式トイレを解体して、洋式トイレ用に配管を移設します。

    その際に、アース端子付きの専用回路を設置します。

    そして、内開きのトイレブースを外開きへ改造します。




    この作業を1日で終えると、急結材で固められたモルタルは

    翌日には綺麗に乾燥しています。

    パイプ周りは完全に乾燥していませんが、重要なアンカー固定

    個所は、全て乾燥しています。




    そして最新型の節水トイレ&ウォシュレットを取り付ければ作業は完了。

    内開きだったトイレドアも、ノミとカンナを使い削り合わせて

    蝶番を付け替えれば使い勝手の良い外開きへ!


    ここで社長録、社長が若かりし頃

    洋式トイレは今よりももっとボテっと大きく、凹凸も多く

    何よりタンクが13リットルの大容量だったみたいです。

    今のトイレのようにスマートで4〜5リットル洗浄なんて

    考えられない時代だったみたいで、終始感動していました。


    色々な現場で、様々な職種の方に

    「長野君、久しぶりじゃの〜元気かい」

    って話しかけられる光景をよく見かけます。

    職人さんに混じって面白おかしく話す社長を見て

    この人、やっぱり現場が好きなんだなって感じます。


    その後、金生町の現場に立ち寄りふと足元を見ると

    設計図通りの収納が出来ているのを見て、大工さんの努力と

    お客様の想いが心に沁みて感動しました。

    とても喜んでくれるんだろうと、今からニヤニヤしています。







    話は変わりますが私は以前、製紙工場に勤務しておりましたが

    製紙工場では機械による管理が大半でありこのように細かな

    ハンドメイドの仕上げは自分で行うことがありませんでした。

    価格の面でも作業員だった私には、値切られることもないし

    製品ミスが出ても、消費者から直接的に責任を

    追及されることもありませんでした。


    毎日同じことを繰り返すという自分との戦いでしたが

    その先に、自分の加工したこの紙を使うお客様の笑顔や

    メリットを考えて仕事したことなど一度たりともありませんでした。

    もちろん同僚との人間関係はありましたが、消費者との

    人的な精神的なストレスはまったく感じませんでした。


    なので直接消費者の方と接するこの業界に飛び込んでからは

    感動や勉強の毎日を過ごしております。


    お互いに感謝と礼節を持った仕事こそ遣り甲斐があるというものです。

    消費者は偉いんだぞ!と思う方との間にはきっと感動は無いでしょうね。

    会社の為にも自分の為にも、お客様を選べる立場になれるように

    頑張っていきたいと思います。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    ポチっと応援宜しくね!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 川之江町S様邸 壁断熱材施工 気密施工
      Y

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM